一般歯科(歯周病治療) 

一般的に歯周病とは、歯の表面につく歯垢(プラーク)によって、歯肉(歯茎)が腫れたり、出血したり、最終的には歯が抜けてしまう、日本人が歯を失うもっとも大きな原因の歯の周りの病気の総称です。歯周病の初期では自覚症状がほとんどないので気付いていない方が多いだけで、実際には日本人の成人の約80%が歯周病(歯肉炎or歯周炎)にかかっているといわれています。
なかむら歯科では、歯周病治療にあたり、次のことを行っております。

ブラッシング指導

現状のブラッシングでどこが磨けていないのかをよく理解して頂いた上でご自分に合ったブラッシングの方法を学んでいただきます。ブラッシングによるプラークコントロールが歯周病治療の第一歩です。

スケーリング(歯石除去)

歯石は歯面に付着したプラークに唾液中のリン、カルシウムが混じって石灰化したもので、歯に強固に付着しており、強い病原性を持っています。 一般的に超音波スケーラーやキュレットスケーラーを使用して取り除きます。

フラッフオペレーション

歯槽骨の破壊が大きく、歯周ポケットが深い場合にはスケーリングだけでは歯石を取り除く事が不可能です。 このような場合には、歯肉を開いて歯根を露出させ歯石を取り除きます。

治療内容

当院歯科衛生士はスウェーデンイエテボリ式歯周病治療6ヶ月コース修了者です。

歯周病治療の流れ